image

リノベーションをしてつり戸棚を撤去しました。 
(今さらながらリノベ記録を。途中まで書いたままずっと放置していたものです……)

もうここ数年、ずっと希望していたプチリノベ。
昨秋にやっと実行に移せました。

数社に相談し見積もりを取りはじめたのが去年の年明け。
お願いする会社を決めて何をどうするのかを詰め始めたのが去年の今頃だったかなぁ。

そこから打合せが始まったわけですが、これがなかなか進まなくて。

お願いした施工業者さんはプランナーがお一人のためお忙しく、私も平日は仕事があるため他に予定のない週末しか時間が取れずだったので、なかなか詳細の詰めが進まない中のんびり取り組んでいたら、書籍製作が決まって……。

昨秋は、書籍製作とリノベの詳細の詰めや施工が同時期に重なってしまって、バタバタしていたことを懐かしく思い出します。


それはそうと、つり戸棚はこの家を建てた8年前になんにも考えずにつけてしまったもの。

つり戸棚がついていることで特に家事に支障があるわけでもないのに、まだきれいなものを取り外すのはもったいない気もしたけれど、キッチンをもっと解放感のある空間にしたい思いが年々強くなっていたため、えいっ!と実行に移しました。

ちなみに、入居してすぐの頃からつけたことを後悔していたので撤去を想定して、中には物をほとんど収納していませんでした。
だけど、やっぱり少しは一時保管的なあれこれを入れていたわけで。。。

つり戸棚を撤去することによってなくなってしまった分の収納スペースは、カウンター下に収納を設けることで補いました。


天井は触らないつもりでいたけれど、つり戸棚を取った影響でその部分だけ壁紙を張り替えると色が違ってきますよと。
差が分からないようにそこそこ広範囲を一緒に貼り替える、または、塗装にする、なども考えましたが、数年後に家中の壁や天井を塗装に変えたいなと思っていたので、このタイミングでキッチンだけを変えても中途半端になると思い、以前から良いな~と思っていた木の天井にすることに。

いろいろ提案はいただきましたが、シナベニヤが一番すっきりしていて見た目が好み、さらには安価と我が家にはいいとこ尽くしだったので、ベニヤ張りにしました。

リノベが終わってしばらく経って夫から「天井はまだ工事中みたいやね」と言われて「え?ベニヤの工事感ある?!」と驚きましたが、いいの。
私は気に入ってます。

夜でも明るさは、天井のダウンライトと換気扇のライトで足りるとは思いましたが、カウンター上を小さく照らすペンダントライトを下げたらかわいいかなと、ベニヤ天井のダイニング側の端を隠す形で照明のレールを取りつけました。