我が家のキッチン。
悲しいほど普通のシステムキッチン(INAX)です。


写真一番手前の開き扉の中はこんな感じ。

扉の内側は包丁挿し。

↓包丁はグローバルを愛用。



《上段》
左に水筒類。
右にジップロック。

ジップロックは昔使っていた無印のアルミのティッシュケース本体に収納。
(フタ部分は赤ちゃん時代の長男にデコボコにされ破棄しました)

ジップロックは、イージージッパータイプを愛用中。
使い切りで捨てず何度か洗って再使用するので、再使用の物は左側に畳んで入れています。


↓私の水筒。白くてシンプルでお気に入り。
お茶用0.5L

コーヒー用0.3L




《下段》
左にホームベーカリー。
右に掃除用品、花鋏。

手前の掃除道具は、水筒の小さな部品を洗うためのブラシやメラミンスポンジをそれぞれお菓子の空き容器に入れて、さらにそれらを小さな空き缶に。

奥には空き缶のフタをトレー代わりにし、酵素系漂白剤とワイドハイターを。

ほぼ見えませんが一番奥には、食器洗剤の詰め替え用やスポンジのストックを納めてます。



***
シンク下上段の大きな引き出しにはフライパンや鍋類を。
(ルクルーゼや土鍋など重いお鍋たちは背面の収納棚一番下段に納めています)


《右側》
奥から、油ポット。
ちょこっと揚げ鍋。
月兎ポット。


↓電子ケトルを買うまではこちらでコーヒーをドリップしてました。




《真ん中》
週末の常備菜作りにフル稼働しているテフロンのフライパンは26cmが2種計4個。
お湯を沸かしたり、青菜やパスタを茹でるのもすべてテフロンの炒め鍋で。

直径が同じ大きさのもので揃えているので、きれいに重なりコンパクトに収まります。

奥:フライパン類
→下から 
テフロンフライパン26cm×1
テフロン炒め鍋26cm×3
目玉焼き用ミニフライパン、卵焼き用フライパン(卵アレルギーありの子どもたちには不使用)
片手なべ、ミルクパン

手前:ふた、まな板(木、プラスチック) 、油跳ねガード

↓柳宗理ミルクパン。
ココアやミルクティーを作る時はもちろん、少しの汁物や茹で卵を作る時に活用。





《左側》
奥:
下から、パエリアパン、南部鉄器フライパン、圧力鍋 
手前:キッチンペーパー、カッティングボード、調理器具

圧力鍋は、10年ほど前にお試しで…ともらったホームセンターに売っている激安の物。
扱いにも慣れ日々大活躍なので、そろそろちゃんとしたものに買い替えたいと思っています。
(我ながら物持ち良くて…)


↓南部鉄器フライパン。お肉や野菜をシンプルに焼いて食べる際に使用。肉豆腐&すき焼きにも。 




***
シンク下下段は、ちょっとカラフル。
お弁当関連のものやヨーグルトやパン作り関連の物を。


《右側》
奥:砂糖類のストック。
手前:デジタル量り。食パンカットガイド。


毎週末HBで焼いた食パンはコレを使って6枚切りにカットしてから一枚ずつラップし冷凍。


↓愛用のブレッドナイフ。切れ味抜群!




《真ん中》
奥:ヨーグルトメーカー(参照)
手前:次男保育園登園グッズ。


《左》
奥:IKEAプラ食器(子どもたちも大きくなり全然使ってないので近々破棄予定)
手前:お弁当箱、お弁当グッズ、お箸袋
(お箸袋の上の紺色のものは、この日使う予定のお弁当包み。置いたまま写真撮ってしまってます…)



***
同じ収納ケースを使ってビシーッと揃えて収納。

…なんてことは、出来ていない扉&引き出しの中ですが、背面収納棚の中のケース収納と同じく、用途別にゾーン分けして収納することによって必要な関連品を一気に取り出したり片付けたりできるようにしています。

また、当然ながら…

良く使う物は手前。
使用頻度が低いものは奥に配置。


と、引き出しの大きさと高さに合わせて、中に収納するものも大きさと高さがうまく合うように立て置きにしたり横置きにしたり、とパズルみたいに考えて定位置が決まりました。


これらも他の場所の物と同じく、どんな小さなものも定位置を決めて家族にアナウンスしたら、みんなでそれを守るのが我が家のルール。

そうすると、使った後各自が適当に戻すことによって引き出し内がぐちゃぐちゃになることも、探し物をすることもなくなります。